日本のとんかつは分厚くて脂っこくてあまり多くは食べられないのですが、

薄くて香ばしいミラノ風カツレツは大好物です。

旅先でいただいたのはやはり仔牛のカツレツでしたが、

レシピを調べると豚肉やら鶏肉やらいろんなお肉を使うんですね。

トマトソースのかかっているミラノカツレツレシピが多く見られます。

そんなことをしたら折角のカリカリ感がなくなってしまって勿体ない。



オランダ産ミルクフェッドヴィール 乳飲み仔牛のロース肉
オランダ産ミルクフェッド仔牛 サーロイン芯 脂付き バラ肉付き 約2.5Kg



本場では下味しっかり直前にレモン汁をかけるだけと至ってシンプルです。

と言いつつ本場ミラノ風ではないが、

トマトソースかけもそれはそれで美味しいんですけども。

これを作るためにお肉を薄く叩き伸ばすのですが、

肉叩きや麺棒でやろうとすると上手くできないときは、

ぜひ「酢などの液体調味料のビン」を使ってみてください。





緩やかな丸みがあるため、きれいに均等に広げられます。

ごく薄いので焼くときは焦げないようにゆっくりじわじわ揚げ焼きにすること。

揚がったらしっかり油を切ることがポイントです。



ミラノ風カツレツinチーズ&ほうれん草
ミラノ風カツレツinチーズ&ほうれん草

料理名:ミラノ風カツレツ
作者:Anelavivi

■材料(2人分)
牛肉(ステーキ用など厚切り) / 2枚
スライスチーズ / 2枚
ほうれん草 / 1束
パン粉 / 大さじ2
塩こしょう / 適量
オリーブオイル / 大さじ3

■レシピを考えた人のコメント
ミラノ風カツレツにとろけるチーズとほうれん草をサンドしてカリカリに仕上げました。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…







お店の味を根底からレベルアップする「KWBフーズのフォンドボー」詳細の動画解説


業務用のフォンドボーをお探しの方はこちらです。




こんな凄いフォンドボーは市販では見つからない!! プロが見ればひと目でわかる。冷蔵するとゼラチン質で固まっています。動画で確認できます。



この世で一番美味しいビーフシチューが完成しました。煮込み料理で、使う場合は、500gのブック型。この動画の通りに作ってみてください。

業務用は1kgサイズもあります。動画をご参考に。




『KWBフーズのフォンドボー』を使用してソースを作ってみました。けっこう美味しいソースなので他肉料理にも使えます。

それがこの動画です。フォンドボーを使った「ペッパークリームのステーキソース」の作り方。




命のだしシリーズ 命のだしシリーズ一覧をご覧ください。


関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      



ページ上部へ戻る